ミスターフィッシュマンのブログ

副業で、厳選したアジアアロワナをマレーシア、シンガポール、インドネシアから直接仕入れ、格安にて日本国のアロワナマニアの元へお届けしております。

ほとんど儲けるつもりはありません(^-^)v

趣味プラスアルファですかね…(^-^)


入荷状況、アロワナの写真等をアップしていくブログです!

アロワナ手術




今回は、手術の動画です。



シッポをやられましたので処理しました。


混浴水槽では怪我はつきものです。

今回は、放っておいても治る怪我ですが、いつもより少し派手に怪我しましたので、より綺麗に治す為にベストな方法をチョイスしました。



ご覧になられる方で麻酔薬を難しく考えてる方もいらっしゃると思いますので、その意味もあって、あえて手術をしております。



参考になれば幸いです。







まず、必要な物を書いておきます。



1,ハサミは清潔で良く切れる物


2,魚が入る入れ物(スーパーの袋でも十分です。)


3,FA100





やり方を箇条書きにします。



1,袋、または容器に魚を入れますが、容器のサイズは魚のサイズに合わせて選びます。

大きすぎたりすると麻酔薬が勿体無いです笑



2,水深は魚の体高より少し高めにします。



3,FA100をポタポタと入れていきます。

心配でしたら、1滴づつ垂らしていきます。



4, 10滴ほど入れたら、手で少し混ぜます。



5,そこから更に、魚がひっくり返るまで1滴づつ入れていきます。



6,ひっくり返ったら処置をします。



7,処置が終わったら、水槽の水に戻します。





以上です。





怖がる必要は全くありません。

心配する必要も全くありません。



麻酔薬は1滴づつ入れれば過剰になる事も絶対にあり得ません。

ちなみに多少、過剰でも大丈夫です。



説明書には1000倍をどーだこーだ難しく書いてますが、一切、気にする必要はありません。笑


10滴以降は、3滴入れたら混ぜ、10秒様子を見る。

そして、また3滴入れたら混ぜ、10秒様子を見る。

これで完璧に遂行出来ますので安心して、取り組んで下さい。笑




注意点は、



1,直前に餌を与えない。

吐き戻します。


2.死にかけの魚にはしない。



です。



アロワナ手術 ①

アロワナ手術 ②

ゴールデンヘッドのウソと本当

最近は忙しく、なかなかブログ更新が出来ませんでしたが、今日は重い腰をあげて書いていきます!笑



過背金龍の中の一つのグレードにゴールデンヘッドというグレードがあります。



今回は、この件について書いていきます!



皆さんご存知の通り、ゴールデンヘッドとは頭が金の発色を見せる過背金龍です。





問題はここからです。





このゴールデンヘッドには実は、2つのタイプが存在するわけです。

頭が金だからといって、全て同じではありません。




まず一つ目のタイプ





これは簡単です。


強烈なメタルハライドライトで焼きます。

日焼けさせるという意味です。



では、更に詳しくやり方を説明しましょう。


まず、水深を魚の体高の二倍程にします。

そして上から植物用のメタルハライドで照らします。

勿論、消灯はせず、24時間体制で、ライトは付けっぱなしです。


その際、魚がライトの照射範囲から一切ずれないよう、囲いをします。

そうする事で、効率良くメタルハライドを照射出来るとゆうわけです。


ストレスにより、かなり餌食いは落ちますが、ほとんど身体を動かしてませんので、死にはしません。



このやり方ですと、紅尾金龍ですら全身が金に輝き、頭部もゴールデンヘッドに変身します。


日本人でも体への害を無視して日焼けサロンに通い詰めれば、黒人のように真っ黒になりますが、それと同じ状況と考えて頂ければ分かりやすいです。



興味のある方は試しにやって見てください。



このような、タイプのゴールデンヘッドを買うよりかは、植物用のメタルハライドを買ってきて、紅尾金龍か高背金龍あたりに照射した方が安く済みます。笑


ちなみに植物用のメタルハライドはネットでも二万円以内で売ってたはずです。

もっと安いかもしれません.....笑




しかしこのようなタイプのゴールデンヘッドは、メタルハライドの管理下から外れた瞬間からゴールデンヘッドは消え初め、元の状態に戻ります。


黒水槽へ移しますと、かなり急速にゴールデンヘッドは消えます。


白水槽にて24時間ライト点灯の場合でも日に日にゴールデンヘッドは消えます。



一番良いのは、白水槽ストックにて強烈なメタルハライドを14時間程にしますと金質も長持ちします。

そして、一週間に二日ほどは24時間にして、金を調整すれば更に良いです。



この場合、コケの発生が凄いので、忍耐で乗り気って下さい。笑





しかし、



良く考えてみると、




俺の欲しいゴールデンヘッドってこれなの?




となるかもしれません。笑






二つ目のタイプは



血統によるゴールデンヘッドです。



こちらは、黒水槽に入れますと、多少は金が落ちますが、そこから落ちは止まります!


そして、成長と共に金発色の面積も増え、揺るぎない金発色を頭部に残します。



勿論、白水槽でのストックも可能です。



この血統から来るゴールデンヘッドこそ、

本物であるとミスターフィッシュマンは考えます。




ゴールデンヘッドを購入される予定の方は、最新の注意が必要です。



安易に購入すれば、


ゴールデンヘッドと記載のある寂しい証明書だけが手元に残る事になってしまいます。笑



ではまた!!!

UNIQUE ARO ファーム 紹介

今回はファームの紹介を書いていきます。




UNIQUE ARO.SDN.BHD(ユニークアロ)




このファームは規模的に言うとかなり小さなファームです。


実はかなり前に日本にも輸出をしてましたが、値段を叩かれるのに嫌気をさして、長らく日本には入ってきていませんでした。
この類の話は他のファームでも同じで、マレーシア、シンガポール国内の殆どのファームは日本の客を嫌がります。


すべての基準が中国、台湾です.....
中国に比べ日本は買う量が少ない、値段を叩く、些細な顎ずれ、目たれ、スレ傷を気にする....等
これを指摘されると言い返す言葉が見つかりません....笑



さて、


このファームの得意分野は『藍底過背金龍』です。
ファームに泳いでいる金龍のなんと80%が藍底とゆう、まさに藍底屋です。


勿論、上質の金底、スーパーレッドも少々います。




このファームは家族経営で小規模にやっているファームなのですが、とにかく品質に拘り、繁殖計画、親魚の管理を行っており、『一切の妥協はしない』がこのファームの経営方針です。


その分、採れる魚も少なく、すぐに売り切れます。


通常ファームは自社の稚魚が売り切れると他のファームから魚を譲ってもらい自社ブランドを付け販売をします。
ファーム同士でギブ アンド テイクをやっているわけですが、UNIQUE ARO は自社以外の魚は一切販売しないと決めております。


ですので在庫が無い時には、二か月待ってくれ、と言われ、その間にせっせと稚魚を育てております....笑


こんな感じのファームです。



ファームオーナーは元々はコイに精通しており何度もチャンピオンを獲得した方なのですが、その繁殖プログラムを生かし、アロワナの世界に入って来た方です。


繁殖プログラムの話はいくら当方にされても理解出来る分けもなく、ただ眠くなってしまいますので今回は簡単に書きます.....。


オーナーいわく、あまり青さばかりに拘り追及しすぎると六列目までの巻き上がりに多大な影響があるので、程よく金の濃いタイプも混ぜていく.....
らしいです.....笑


背鰭基底鱗の発色も抜群な事も確かに大事ですね!




さらに、スプーンヘッドの個体に拘りがあり、その部分の追及も頑張っている...
らしいです...笑


簡単にまとめすぎて余計に訳が分かりませんね...笑




スプーンヘッドの藍底過背金龍!!!
これがUNIQUE ARO の意味でもあるそうです





このファームでは藍底(ブルーベース)にかなり力を入れているのはお分かり頂けたと思いますが、その中でも種類が細分化されています。







凄すぎます......



年々、グレードも上がってきており、進化を続けております。



ブキットメラの拘り屋 UNIQUE ARO SDN BHD


でした!!



しかし、ファームに売る魚が在庫切れを起こしているのには驚きました....笑




今回の輸入魚は


PENANG DEEP BLUE SPECIAL CROSS BACK(ペナンディープブルースペシャル)
 PENANG  BLUE SPECIAL CROSS BACKAAAA (ペナンブルースペシャルAAAA)
BUKIT MERAH POWER GOLD CROSS BACK(ブキットメラパワーゴールド)
BUKIT MERAH POWER BLUE CROSS BACK(ブキットメラパワーブルー)



近日、ヤフオク出品予定です!!