ミスターフィッシュマンのブログ

藍底過背金龍を中心に厳選したアジアアロワナをマレーシア、シンガポール、インドネシアから直接仕入れ、格安にて日本国のアロワナマニアの元へお届けしております。

ほとんど儲けるつもりはありません(^-^)v

趣味プラスアルファですかね…(^-^)


入荷状況、アロワナの写真等をアップしていくブログです!

藍底過背金龍の正しい飼育環境

今回は藍底過背金龍の正しい飼育方法を書いていきます。



まず、


藍底過背金龍にも様々なグレードがあります。

そして、成魚になるにつれてサイカクの金発色がウロコの内側に浸食するタイプは藍底過背金龍ではありません!


本物の藍底過金龍は成魚になっても細いサイカクを残します。




しかし、飼い方を極端に誤ると、サイカクが太くなってしまい悩まれる方もいるようです。


しかしいずれにせよ、サイカクが太くなる事はあっても、ウロコの内側に金発色がグイグイ入ってくるタイプは偽物です!




さて、

ここからが本題です。



いかにして本物の藍底過背金龍のサイカクを極細に維持するかです。




非常に簡単です。




では幾つかのパターンを例にご紹介します。



パターン1

・ブラック水槽またはブルー水槽飼育

・ライトは1日6時間以内


このやり方はベストです!




パターン2


・ホワイト水槽飼育

・ライトは1日3時間以内


このやり方はギリギリセーフです。




このように白水槽でのストックの場合には照明時間を短くするのがコツです!

さらに、照明器具は強烈な物は避けましょう。




細いサイカク維持は難しくありません。

ただし、魚のグレードが悪ければ、そもそも無理です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。