ミスターフィッシュマンのブログ

藍底過背金龍を中心に厳選したアジアアロワナをマレーシア、シンガポール、インドネシアから直接仕入れ、格安にて日本国のアロワナマニアの元へお届けしております。

ほとんど儲けるつもりはありません(^-^)v

趣味プラスアルファですかね…(^-^)


入荷状況、アロワナの写真等をアップしていくブログです!

ヤフオク分&藍底過背金龍の見分け、ストック方法

マニアの皆様、おはようございます!




ヤフオクに出品してます藍底過背金龍


『ペナンブルー』




今回も良い品質の個体です!









背鰭基底鱗の細かな鱗も90%発色してますし、藍底の青色の色合いも最高です!


この個体は輸入後、2ヶ月以上、日本の水にて飼い込んでいる個体です。


また、今回の魚に限らず、当方の扱う藍底は、ほぼ全て目が真っ赤な個体です。


当方は、UNIQUE ARO の藍底魚の中でも特に最高品質の個体に贈られる


『別紙 最高品質証明書』


の付いた個体を沢山 仕入れております。



この証明書は、どのような意味合いかと言いますと、


小さなサイズから既に結果の出ている個体なのです。

将来の約束された、ファーム側が自信をもって選別をしている個体です。



もちろん、この別紙 証明書のついていない個体も成長するにつれて、極上になる個体は沢山います。


しかし、この別紙証明書の付いた個体は20センチ程のサイズで既に結果がでており、200%ハイクオリティーな成魚へと成長いたします。



よく、藍底は成長と共に藍底が消えると仰る方もいます。

実際、ヤフオク等でもずっと見ていると、被害に遭われた方も沢山いるみたいです…



どうゆう事かと云いますと、


有名ショップから藍底だとゆう魚を落札(買った)。

しかし、数ヵ月 育てあげた後に再度、ヤフオクで転売している方がいます。


その再出品された魚の写真は、

見るも無惨に藍底は消えています…


藍底の証明書だけが手元に残ってしまった典型的な例です。


被害に遭われた方は、藍底として購入(落札)したのだから、出品する時にも藍底として出品して当然だ!と思われるのでしょう。



しかし、残念ながらその個体はどの角度から見ても藍底でもないし、普通の過背金龍にしか見えません。




藍底の魚を選ぶ時に金の質を重視される方がいますが、これは完全に間違った選び方と言わざるを得ません。


過背金龍に限らず、金龍系は成長するに従い金質は濃くなる生き物です。

(最近、増えてきたクリーム色の個体は除きます。)


30センチ程のヤングサイズで金質の濃い物は、まず藍底ではありません。

育てれば違いにお気づきになると思います。



藍底の世界では、60センチに育った時に、上記の30センチ個体の金質へ到達するべきなのです。


これはあくまでも、金質だけにスポットをあてた話しであり、藍底を選ぶには他にもサイカク、サイカクの金質、藍底の色合い等、重要な要素は沢山ありますが書ききれません…


安定した藍底を作出するには、高度な繁殖プログラム技術が必要です。




また、ストック方法も藍底の良さを引き出すテクニックとして重要です。


藍底の生息している環境から考えても、


ベストは


ブラック、ブルー水槽にてストック。

照明は1日六時間まで。



既に藍底過背金龍を飼育されてるマニア様は是非、お試し下さい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。